わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

ストレス

自分の考え方は特殊、特定の人以外には話せない件www

更新日:

どうもwayadabeです。

私は、今現在会社員として働いています。

しかし会社員以外の顔も持っています。

 

休日や仕事を終えた後の時間で、他の事業活動をしています。分かりやすく言うと副業ですね。

 

もう十数年やってきて、いい年もあれば悪い年もありました。その年々によって波がどうしてもあり、経営と言うのはこういうものなのかなと常々思います。

 

さて先日会社の飲み会があって、まあ同僚と話をしたのですが、当然話題は仕事の話になります。私の周りには給与収入以外を得ている人があまりいません。

と言うかほとんどいません。

 

私は、収入のすべてを給与収入に頼るのは危険であると考えています。だからこそ、投資や収入になるスキルを上げる事を行うべきだと思っています。会社員を否定するわけではありませんが、結局のところ会社員一人としては出来ることに限界があります。会社倒産リスクは、自分自身ではコントロールできません。

働き続けられるという前提の人が多くいると思いますが、この先会社がどうなるかなんて判りません。この先何十年も会社があり続けて働き続けられるというのは希望的観測ではないでしょうか?

神戸製鋼のようにある日、突然不正がバレて会社としての雲行きが怪しくなるケースもあるでしょう。また東芝のように優良企業と覆われていた会社も、原子力事業を発端に巨額損失を計上して経営危機を招きました。コレも一会社員ではアンコントロールな部分であります。一役員でも舵取りは難しいでしょう。

 

つまり会社員として生きて行くという選択肢は、会社への依存度が極めて高い状態と言えます。運命共同体と言ってもいいでしょう。

 

神戸製鋼の場合は、倒産することはないにしてもどこかの会社に買収されることもあるかもしれません。株価もしっかり値下がりしましたので、どこかの会社がTOBなんてこともあり得るかもしれません。

買収されると給与の仕組みも変わるでしょう。給与が上がる場合もあれば下がる場合もあるでしょう。神戸製鋼の場合は、多額の賠償請求をされれば多額の支払いが発生します。経営状態もが悪くなるとボーナスの減額もあり得るでしょう。最悪カットということもあり得ると思います。

このように、会社の合併などが発生すると給与体系も大きく変わります。こうなったらもう安定とはいえないと私は思うのです。ですが大手企業にいる人は安定していると思い込んでいる人が多くいます。

 

だからこそ、保険という意味で他の収入を持つべきだと私は思い、個人個人のスキルを磨いて稼げる力を身につけるべきと飲み会で発言しました。

 

酒の席というのもあって、結構熱いトークになりました。

「そんなの働いている周りの人に失礼だ」

とか、

「理想論だ!」

とか

「現実的じゃない」

などの意見がかなり錯綜しました。

 

気がついたら私の意見は少数派で飲み会でボッチになっていました。。。。。結構粘ったのですが、収集がつかなくなったので一歩引いてその場を終わらせました。

 

どうもサラリーマンは、会社に忠誠を誓う人が多くいるような気がします。これも会社に入り長年教育された結果なのかもしれません。

一言で言うと文化ってやつかもしれません。

 

同じ悪しき文化として、有休を取らないという文化も日本には根付いている気がします。「働かないのは"悪"」的な考えが今の職場にはあります。

 

まあ、その他にも自分の考えと相違する点は、かなりあるのですが今日はココまでとしておきます。取り分け私の思考回路は、周りの会社員の人には理解されないということが良くわかりました。

これから先、同じ話をしても無意味だと思いますし理解されることは無さそうです。ですので、私の思想に関する話は封印することにします。特定の人(会社経営している人など)には理解を得られるケースが多いのですが、今の職場でこの話は酒に酔ってもしないように気をつけたいと思います。

と言うか、封印します。

 

ただし酒に酔ったら、出てくるんだよなこの思想が・・・

絶対言葉に出さないようにしよう。それがお互いの平和のためだから。

-ストレス
-, ,

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.