わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

仕事

頑張れという言葉ほど無責任な言葉はない

更新日:

どうもwayadabeです。

 

以下、完全なぐちになります。ほとんどの方に興味がない内容だと思われます。

自分の日記として記事にしただけですので、スルーしてください。

後で読み返して必要を感じなくなったら消す程度の内容です。

 

 

 

 

 

私の日常は会社と自宅の往復です。この一年間そんな感じでした。

ただ人生の時間を無駄に過ごしているとしか言いようがありません。

休みや空いた時間にこのブログを書いたり、アフィリサイトの作成、IPO投資、クロス取引などを行っています。

 

まあ大したことはしていないですね。

 

さて

つい先日ですが、現在の仕事で少し考えさせられることがありました。

会社員を続ける理由の一つに給与があります。

と言うか、私はこれしか興味がありません。

組織の理念やビジョンなんかには興味はありませんし会社愛もありません。

労働を提供してその対価を頂戴するためだけに働いています。

 

過去記事で俺が出世しない理由を述べていますが、現在、私は出世というものとかなり遠い位置にいます。この記事でも触れていますが、理由は私を押す中間管理職がいないからです。(少なくとも私はそう思っています。)

様々な角度から見て、最終的にそう結論づけました。

 

わかりやすく言うと煙い存在で、嫌われ者なんですね。

はい!そんな感じです。

 

ではなぜ今、関西に転勤して田舎の生活を送っているかという疑問が残ります。

転勤がなぜ疑問になるのかと言うと

 

転勤=出世(栄転)

 

という構図ができあがっているからです。

過去の転勤事例を見ても、

 

転勤=左遷

 

というケースは殆どありません。

ゼロに近い数字です。

 

だからなぜ?煙い存在を

北海道から放出したのか???

答えが見当たりません。

 

ひょっとしたら

実は煙い存在ではくて、期待されているから??笑

 

とも一瞬思ったのですが、

だったら、なぜ階級が上がんないのか意味がわかりません。

 

 

先日とある飲み会で上司が酒によってポロッと言っていました。

以下、会話

上司:「次の係長、〇〇君やで!」

同僚A:「ほんまに!」

同僚B:「ホンマに!」

同僚C:「なんでそうなるんや?」

上司:「〇〇が係長降りるからや!」

同僚A:「ほんまに!」

同僚B:「ホンマに!」

同僚C:「ふ~ん、それでか!」

 

俺:(「え?俺じゃないの・・・・」)

 

確かに私は、今の職場での知識は殆ど無い。かなり最下級戦士の分類に入る。だから、係長にできない理由もわかる。現場を仕切る人間に任せたいという気持ちもわかる。もっと知識と経験をつけて次の階級へ上がってほしいという気持ちもわかる。

 

しかし、だ!

 

そもそもであるが、転勤した経緯の一つに私の世代がいないという問題が発生していた。だから、私を転勤対象として煙たい存在かもしれない奴を関西に送り込んだ経緯がある。

実際に経験や知識が問題なのであれば、私より先発隊で来た同世代のAさんも階級が上がらないはずである。なぜなら半年という経験しかなく、知識としてはゼロに近いからである。

だが、Aさんは階級が上がった。(要するに賃金が上がったことになる)

 

俺は上がらなかった・・・・(泣)

意味がわからんです。

 

だれだれが上がって誰が上がらなかったなんてあんまり興味なかったけど

実際、自分にそんな事が起こって

しかも年下の上司が誕生するとなれば

やっぱり心は穏やかではなかったです。

正直悔しいですね。

 

俺ってなんなのかな・・・・・

と悲しく思えてきました。

 

はっきりいって評価なんて、気分で付けられているとしか思いようがない。

はっきり言って転勤損だ。

階級が上がると毎月1.5万円くらい毎月の賃金上がります。

たかが1.5万円ですがそれが毎月だと長く勤めればその分だけ大きなお金になります。

たかが1.5万円ですが、テンションも上がりますし頑張る気にもなります。

 

単純な考えですが

もー完全にやる気なくなりました。

もーどうでも良いです。

 

こんな嫌な気分になったのは、この会社で二回目です。

そして、やっぱり自分のビジネンスをしっかり構築しなければならないなと強く感じました。

とりあえずは、投資業務をしっかり強化して1.5万円の何十倍も頑張って稼ぎます!

マジで悔しいから!

 

何度も書きますが、労働は賃金です。

労働=賃金と私は思っています。

やりがいやなんてものはありません。

 

その飲み会で言われたことですが、

上司:「君がもっと、がんばらんとな!」

と言われました。

 

私は思いました。

頑張るって何?

何その抽象度の高い言い方は・・・・

 

少なくとも自分としては頑張っているつもりです。

 

私が思うに頑張っているかどうかなんてその人の味方次第です。

どうにでも変えられる主観でしかありません。

 

そんな主観で、評価が決まり賃金も決まっていく仕組みに心底嫌になった一日でした。

 

頑張れ!

って言葉、本当に無責任な言葉だと感じました。

 

以上愚痴でした。

-仕事
-, ,

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.