わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

仕事

冷遇され続ける処遇に嫌気が差してきた

投稿日:

どうもwayadabeです。

このブログでは定番の仕事ぐちネタです。

 

かつてから、冷遇され続けられた人事ですが今回(10月)も定番で安定の冷遇です。もう本当にこの処遇には嫌気が差してきました。はっきり言って怒りしかありません。自分の人生の中でも最も怒りパワーが蓄積されている期間かもしれません。

しかし、この逆境(怒り)こそがパワーの源泉ともなっています。

 

2014年にノーベル物理学賞を受賞した中村修二さんも、当時勤めていた日亜化学という会社から冷遇を受けてキレてキレてキレまくり、怒りに震え、そのエネルギーを研究に注ぎ込んだとされています。

実際に中村氏自信が、「ここまで自分を突き動かしてきたのは怒りだ」と答えています。

 

今まさに私もこのような境地であり、私自信を動かすエネルギーは怒り意外何者でもありません。私は研究者ではないので、中村氏とはエネルギーを注ぎ込む場所が違います。

 

具体的にどの様に冷遇されているか記事に書けば判りやすいのですが、それでは身バレしてしまいます。

ここでは冷遇ということだけに留めておきます。

一言で言うと賃金です。

 

もはや私を動かす原動力は、「怒り」意外ありません。

 

 

かつての上司が言っていました。

以下上司とのやり取り

俺:「賃金ってどの様に上昇していくんですか?」

上司:「それは、年令とともに適正に上昇していく」

俺:「そうですか?では私の場合はなぜ?」

上司:「それはその時の上司が適正に決めたと思うから分からない」

俺:「そうですか。。。」

 

この上司は、ザ・八方美人なバカ野郎である。

人に嫌われないように良い事ばかりしか言わない。

 

そうなる!必ずなる!大丈夫だ!心配するな!

 

お前の言葉を信じた俺が馬鹿だったよ!

すべてとは言わないが、ほぼほぼ嘘じゃねぇか!

 

冷遇の件ですが、基本年令とともに賃金が上昇するシステムは事実です。私をそれを見てきましたし、実際に少しだけ体験したこともあります。だから偽り八方美人上司が言った言葉もあながち嘘じゃないです。

しかし私は、なり例外のようでした。

 

ここ5年位、賃金上昇率は少なく緩やかな上昇。おおよよ0.5%くらい・・・・

会社の業績が低迷して全体的に賃金が上昇しないなら分かる。

業績は横ばいであるが、0.5%の上昇率は私を含めて数名くらいだろう。。。

 

しまいには、後輩に給料を抜かれる始末・・・・・

 

自分で客観的に見てもなにが問題であったのか分からない。

ただ唯一言えることは、中間管理職との折り合いが極めて悪かったことくらいである。

おそらく0.5%の原因はこれだ!間違いなくこれだ!

 

職場での協調性は、そこまで悪くなかったし仕事の処理もそこそこであった。

この部分は上司には見えないので、評価しようがないので仕方ないが・・・・

周囲とも今よりはうまくコミュニケーションとれてたと思う。(北海道時代)

 

こっちに来て(関西)それなりに仕事はこなしていると自分では思うが、中間管理職からの評価は悪い。

これもなぜだかわからない。

もっと頑張れと言われるが、何を頑張って良いのか意味がわからない。

しかも具体的に頑張らないといけないことを言わない。

 

結局人事は、個人の感覚でしか無いのだと思います。

 

 

今一番怒りに震えているのが、札幌→関西という路線で関西の仕事が合わず温情人事で札幌に戻った人がいました。彼もまた、この10月に階級を上げておりました。

 

はぁあぁぁあ!!!

 

なぜだ!

 

駄目というレッテルを貼られているにもかかわらず、なぜ賃金が上昇する。

正直彼に恨みはありませんが、同じ路線を通って来てコッチ(関西)で頑張っている俺からするとマジでありえない!

 

だったら俺も戻りたいよ!それで賃金上昇すんでしょう!

マジで納得いかねぇわ!

 

自分が思うに彼が温情人事で札幌に帰った理由は、シフト勤務によるストレスと言われている。(表向き)

しかし俺は知っている。

 

それは周囲によく思われたいという嘘であることを!

本当は、関西弁にやられたのである。

関西のキツ目に接してくるコミュニティが合わなかっただけなのである。

私は、札幌の職場も関西の職場も知っている。

北海道の人間がこの関西の職場に馴染めないのを身をもって体験している。

そんな私があえて言おう!

 

彼が嫌だったのは、職場コミュニティだ!

ほぼ断言できる!

 

俺は彼に言いたい!

もっと頑張れよ!数ヶ月でリタイヤするなよ!馴染む努力をすれよ!

私は、彼より長く(1年)いるので、

この言葉を言うことが出来る!

 

 

 

甘い意見かもしれないけども会社都合で転勤した人は、それだけで評価に値すると思う。

慣れない土地にいるだけで、日々のストレスは相当なものだ。

俺は今の所、リタイヤしていない。

 

だからこそ冷遇されるべきではないと思っているのであるが現実は違う。

リタイアした彼が厚遇されリタイヤ市内で努力している私が冷遇されている。

マジでやってられんですわ~~~~~~~~~~!

 

また、転勤しないでも階級が上がる人たちも確実にいる。

できれば俺もその方が良いです。

転勤しなくても賃金が上がるのならその方が俺にとっては幸せなことである。

 

もうまじで悔しいのですが、

悔しさを通り越して次に湧き上がったきた感情は、

怒りです!

 

やっぱり俺はこの職場から去り自分で稼ぐ力をつけて人生を歩んでいきたいと思います。

それこそが、自分の中でこの組織に対する唯一の怒りそ鎮める方法かもしれない。

 

もはやこの組織に対しては、怒り意外の感情は無い。

 

この怒り稼ぐ事に注ぎます。

-仕事
-, ,

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.