わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

仕事

個人事業主の年収500万と会社員収入の年収500万の違い

更新日:

現在の私の年収は500万円くらいなのですが、仮に私がアーリーリタイヤして個人事業主になった場合、収入面において現在とどのように生活スタイルが違ってくるのかシュミレーションしてみました。

特に気になったのが、会社員と個人事業主がまったく同じ金額を一年間に稼いだ場合、どちらが社会保障料や税金的にお得なのでしょうか?ということです。

条件

まず条件を洗い出しします。家族構成や扶養する人数によって大きく手取りは変化してきます。また難しいのが税金の引かれ方です。フリーランスの場合は、売上から経費を引いた上で所得税や社会保障費が計算されてくるとことが会社員と大きな違いです。もちろん会社員にも、給与所得控除額というものも年収に応じて存在します。(以下、補足に掲載)

ココは色々有りますが個人事業主での売上を500万として経費を200万とします。年間の利益を400万としてシュミレーションしてみます。

経費というのが非常に曖昧なものなのですが、250でも300にでも出来たりするのが個人事業のグレーゾーンな部分です。さすがに経費500万としたらおかしいので、税調の対象になりそうです。ここでの収入はアフィリエイトをメインに考えていますので、一般的な金額がどの程度化はわかりませんが、サーバーやドメイン、文房具、電気、ガス、水道、事務所費、車両費、保険など含めると500万円くらいの収入だったら200万円くらいが良いところじゃないでしょうか?わかりませんが・・・

補足

180万円以下:収入金額×40%、65万円に満たない場合には65万円
180万円超360万円以下:収入金額×30%+18万円
360万円超660万円以下:収入金額×20%+54万円
660万円超1000万円以下:収入金額×10%+120万円
1000万円超1500万円以下:収入金額×5%+170万円
1200万円超:230万円(上限 平成28年からの税制改正項目)

会社員時代

家族構成→wayadabe一人(独身)

年収:500万円

個人事業主時代

家族構成→wayadabe一人(独身)

売上:500万円

経費:200万円

年間利益:300万円

手取り計算

それでは手取りの計算をしたいと思います。なんだかんだ言って、円を決済通貨にして生活している訳ですから生活をする上では手取り金額が重要になってきます。

まず会社員と個人事業主の手取りを把握してみます。

会社員

源泉徴収票を元に手取りを計算すると大雑把ですが以下のようになります。

 

手取り=「支払金額 − 源泉徴収税額 − 社会保険料等の金額」

 

更に性格に計算するためには、これに住民税を引いて非課税分の交通費を加えて計算しなければなりません。上記の計算を私の2016年分のケースで計算してみます。以下になります。端数は丸めています。

 

手取り=「512.0万円 − 12.2万円 − 124.1万」

手取り=375.7万円

 

ここから更に、住民税を引いて交通費を加算します。住民税は23万円でした。交通費に関しては私の場合、毎月1万円で非課税額が7,100円なので7,100×12ヶ月=85,200円とします。以下計算

 

住民税と交通費を組み込んだ手取り計算

手取り=375.7万円 - 23.0万 + 8.5万

手取り=361.2万円

 

ざっくりとですが360万円が私の手取り金額です。毎月に平均すると30万ですね。コレが私の2016年の実績値となります。

個人事業主

では個人事業主になるとどうなるのか?計算していきたいと思います。私も詳しくは判りませんがポイントは、厚生年金から国民年金に切り替わること。もう一つは、社会保障料(特に健康保険料の折半がなくなる)ところだと思います。

非常にザックリだと思いますが、自動で計算してくれるサイトが有りました。

http://jigyou-tax.hajime888.com/j07.html

このサイトでシュミレーションしてみました。結果は以下の通り。

収入5000000 円
経費2000000円
額面年収 3,000,000円

健康保険料 378,114円
介護保険料 0円
国民年金 195,120円
社保合計 573,234円

所得税 99,500円
住民税 204,800円
個人事業税 5,000円
消費税 0円
税金合計 309,300円

社保+税金 882,534円

収入 5,000,000円
支出合計 2,882,534円
手取り年収 2,117,466円

月額(額面) 250,000円
月額(手取) 176,456円
控除率 29.4%

 

※wayadabeは40歳未満のため介護保険料は組み込みませんでした。

メリット・デメリット比較

まだまだわからない部分がいっぱいありますが、会社員における年収500万の手取りは361.2万円に対して、個人事業主の手取りは211.7万円でした。その差は、約150万円です。

ただこれは経費を200万とした場合です。経費を100万とすれば手取りも税金も増えるでしょう。

 

個人事業主の場合、特にアフィリエイターの場合は、自宅で仕事をするケースがほとんどだと思います。それだけにどの部位分まで経費として盛り込むかが一つのポイントとなりそうです。

一言で経費と言ってもアフィリエイトに限定するとドメイン代、サーバー代などを筆頭に家賃を始め電気代、水道、ガス、飲み会のメシ代、ガソリン代、車の保険などなど・・・項目を上げればたくさんあります。それらを上手く組み込んで手取りをほとんど使用しないとすれば、手取りの金額がまるまる貯蓄に回せますので会社員の手取りよりも良いかもしれません。

会社員のメリットとデメリット

いずれにしても、それほど大きくは変わらないと思います。そもそも年収が500万ですから、500万以上の生活をすることは会社員であれ個人事業主であれ出来ないのには変わりないでしょう。

そこで会社員としてのメリットといえば、やはり厚生年金の存在ではないでしょうか?年金制度は積立方式でない以上、世代間の不公平は確実に存在する仕組みです。現在だと若い人ほど損をする仕組みで不条理ともいえますが、年金を(長く生きてしまった)保険と考えれば、世代間扶養というのも少し納得が出来る気もしないではないです。個人的には、積立型がしっくりきますが・・・・しかしなんだかんだで、国民年金よりも厚生年金のほうが待遇が厚いのも確かです。

まあ色々有りますが、会社員であることのメリットを思いつくまま上げてみます。

 

  • 毎月の安定した給料
  • 会社が行う健康診断
  • 有給休暇
  • 健康保険組合の存在(会社による)
  • 会社ブランド
  • 社会的信用(クレジットカード作成や住宅ローン)
  • 安価な社員食堂
  • 雇用保険
  • 退職金がある

デメリットはこんな感じでしょうか?

  • 嫌な上司
  • 嫌な同僚
  • 拘束時間
  • 使用できない有休
  • やりたくない仕事
  • 少ない稼ぎ
  • 転勤リスク

個人事業主のメリットとデメリット

では個人事業主のメリットとデメリットもまとめてみます。

メリット

  • 基本的に自由な時間が増える
  • 会社という拘束時間がない
  • 経費が使える
  • 嫌な奴とは仕事しなくていい
  • 自分の能力によって収入が変動
  • 働く場所や時間の自由度が高い
  • 年金を収めないという選択が取れる
  • 会社の飲み会がない(飲み会嫌い限定)
  • 会社員特有の付き合い飲み会などによる余計な出費が発生しない
  • 転勤リスク無し

デメリット

  • 社会的信用能力が低い
  • 安定しない収入
  • 国民年金のみという脆弱な体制
  • 雇用保険なし
  • 会社という組織で友達をつくることが難しい
  • クレジットカードは作りにくいかもしれない
  • 退職金がない

まとめ

自分の能力しだいでは収入が青天井となる個人事業主。魅力といえば魅力ですが、その反面収入が落ち込んでしまった場合には、とことん落ちてしまういわゆる自己責任状態が待っています。

上記で上げたメリットとデメリットは人によって大きく違ってくるでしょう。例えば、個人事業主のメリットで上げた友達を作りにくいというのが有りますが、いまならSNSで友だちを見つけてもいいですし街コンに言ってもいいですし、飲みに行って友達見つけてもいいですし、友達を作る機会は昔よりも確実に増えています。だからデメリットとはいえないかもしれません。

むしろ会社による拘束時間がないだけ友達を作りやすいと言ってもいいかもしれません。

 

国民年金も現行の制度だと確実に厚生年金のほうが有利です。ただし2017年時点の現行制度であり将来どのように変化していくかは、予測できません。予測できないからこそ、国民年金を払わないというのも一つの選択肢であり大きなメリットといえるかもしれません。年金に頼らず自分で自己責任の元運用するというのも有りでしょう。

仮に現行の年金システムが維持されるとして年収500万の人の受給開始が65歳だったとして、厚生年金の人は毎月の支給金額が約15-20万円くらいだとします。これに対して個人事業主は、満額でも支給金額は月額約6万5千円です。会社員に比べて半分以下です。厚生年金と国民年人の違いは、大きなアドバンテージと言っていいでしょう。

 

ただしこの年金制度がこのまま続かないと言うのは、昨今ささやかれていますし国民一人ひとりも気づき始めています。でもめんどくせーし、コレ取り上げたら選挙やバイシ・・・・

みたいな感じで、国会議員もそれほど取り上げませんし、マスメディアもそれを報じません。どこかで、本当ににやばい時期に一気に選挙の争点になり改革されていくような気がします。そのXディがいつなのか知りませんが。年金は本当にむずかしいのでどこかでまた取り上げたいと思います。

少なくとも現行では、厚生年金が有利です。

 

 

色々思うところはあると思いますが、一番良いのは会社員と個人事業主のベストミックスではないでしょうか?会社員の安定収入を確保しつつ、副業を個人事業主として行い収入を得るという仕組みです。

こうすれば、厚生年金も維持できますし個人事業に関する経費も引けます。もちろん身分は会社員ですので、住宅ローンも組めるでしょうしクレジットカードも作り放題です。

 

んで、会社員が副業できるといったら私が考えるに不動産投資かアフィリエイトが良いんじゃないかと・・・思う今日このごろです。それと適当にふるさと納税してクロス取引(株主優待タダ取り)をしっかりこなしていけば、食費などは年間でそんなにお金を使わなくて済ではと・・・思うのです。

 

年収500万円の会社員が、副業で500万稼げば年収1000万ですからね。しかも、経費として落とせるものは落とせますし、健康保険は会社員の給与ベースで計算するのでそれほど高くならないですし・・・

まさにベストミックスかと・・・・

 

ちなみに会社員の1000万円と個人事業主の1000万円の違いだったら以下に面白い情報があります。

http://jigyou-tax.hajime888.com/j12.html

 

出来る人もいれば出来ない人もいるので、出来る人はやってみればいいと思います。

-仕事
-, , , , , ,

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.