わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

仕事

俺が出世、出来ない理由

更新日:

私は、いわゆる平社員です。40歳を目前にしていますが、役職は付いていません。

同じ職場の同年代を見渡すと役職に就いている人をチラホラ見ます。年功序列的な部分もある会社なので、当然と言えば当然かもしれません。

 

出世できないならまだしも給料もここ数年上昇してません。

(コレが一番ムカついているところです!!!)

 

これは何故かと言うと、職級と言うものがありこの職級が上がらないと給料(いわゆる基本給)も上がらない仕組みになっているからです。

私の場合は、この職級が停滞しているので定期昇給が数百円にとどまってます。

 

では職級はどのようにして上がるのか???

職級も年齢によって上がる仕組みなのですが、上げる権利を持っているのが直属の上司になります。

 

「どのような人を上げるか?」と言う基準はあります。テキトーに職級を上げてる訳ではありません。

どれだけの能力があるのか判断する基準表なるものがありますが、極めて抽象度が高いもので、はっきり言って上司の裁量で決まります。

 

自分なりにまとめた結果は簡単でした。

直の上司に好かれていないからだ。

単純にこれだけでした。

あとしいて言うのであれば運!

 

運がなかったですね私は・・・・

 

確かに思い当たる節はあった。結構、上司とバチバチやりあった記憶がある。

 

直上司とは折が合わなかったが、不思議な事にその上の上司には、好かれている。(と思う)

 

しかし重要なのは、直上司であった。。。。

要するに直の上司からの推薦がなければ職級があがらない仕組みになっている。(ここでその上司とは、課長職で更に上とは、一般的には部長である。私は平社員なので、直上司とは課長になる。)

 

なぜだかわからないが、

部長やさらにその上の上司(役員)には、好かれていることが多いが直属の上司には好かれない。

 

これまでの会社員生活の中で、直の上司とガチンコバトルしたことが結構ある。

 

そして私も1歩も引かない頑固な部分があり、上司に煙たがられたことも何回もある。直上司から見るとはっきりとうざい存在であるというのが自分の中でも認識しつつある。

 

ただ私が言ってることは、明らかにおかしいな事ではなく正論を言ってるつもりだ。よく

「それはわかるんだけど〜」

こういったポイントで、議論に発展することがある。

上司曰くわかっちゃいるけど、これまでの経緯もあるしイキナリ変えることは難しい。

根回しが必要だ。

合意とらなければならない。

次の懸案事項として検討しよう。

 

てな感じだ。。。。

 

馬鹿かこいつらは?

そんなんじゃいつまでたっても変わらんだろう・・・・・・

 

私は心の中でそう思っていた。また、これだったら誰でも課長職できるじゃん。。。。と思ってしまった。

でもまあ組織というものはそんなものだ。

意思決定のスピードは、極めて遅いのが会社組織というものだ。

 

その組織でうまく立ち回り順応して行くものが、サラリーマンの勝者であり出世組だ。

私は、その道から外れたと確信できる。そう完全に踏み外してしまっているので出世は無理だろう。

これが、私が出世出来ない理由である。

 

ああ、仕事の話書いてしまった・・・・・

-仕事
-, ,

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.