わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

仕事

会社員にとっての副業とは?その線引とは?

更新日:

どうもwayadabeです。

突然ですが、副業ってなんなんですかね??本業以外の仕事なのですが、副業が本業の収入を上回ったらそれは果たして副業といえるのでしょうか?

副業の定義

よく聞く副業とは、「本業と別に収入を得ている仕事」とされていますが、あくまでも一般論であって明確な定義付けはないようです。本業が何なのかということも重要だと思うのですが、私の感覚だと収入源の主たる仕事が本業かと思います。

例えば私の場合は、収入源が複数あります。毎年それぞれの柱が変動します。特に大きく変動するのがアフィリエイト収入です。アフィリ収入は安定が難しい収入ですので稼ぎがかなり大きく変動する時期があり、どっちが本業だかわからなくなる時期があります。またにた性質のものにIPO投資もあります。こちらは、はっきり言って運なので収入というよりは副産物に近い感じです。

逆に不動産と会社員事業は毎年安定して同じ金額を稼いでくれます。やはり安定というものは良いですね。

 

まとめると、何を主体にして稼いでいるかということになります。と私は思います。

本業と副業の線引

どれだけ稼げるかによって副業と本業が定義されると私は書きましたが、あくまでも私の考え方であって世の中は違うと思います。

あくまでも私はそう思いますが、世間の考え方は違うでしょう。アフィリエイトや不動産等でいくら稼ごうが、会社員として働いた収入が本業の収入と世間を見ると思います。こういった点を見るとまだまだ多様な働き方と言うのは寛容されない時代だなと思います。収入の大きさによって本業と副業決めると言う考え方は、多数決で決めるのであれば少数派だと思います。推測ではありますがそこまで連れてはいないと思います。

 

したがって世間一般の尺度で測るのであれば、会社への収入が本業の収入となるわけです。(私は違うと思いますが、、)

 

どこまでが副業

ではどこまでが副業となるのでしょうか? まず私の意見を述べさせてもらいますと、会社員がどこかの企業に所属して収入を得るケースは副業になると思います。またどこかで労働を提供した上で肉体的疲労から本業に支障きたすような労働もアウトだと思います。これらは会社側に合理性が発生すると思うからです。

日本国憲法では、職業選択の中が認められてますので会社の就業規則で服用を認めないと言うのは違憲のような気もします。

他の企業で労働提供することについては、かなりケースバイケースの部分があると思いますが基本的に本業の業務に支障きたさなければ、注意程度で済むのではないかと思います。

バレないのが1番なんですが、基本的に他の企業で働いて賃金を得る事は副業と考える人の方が多数であると思います。

投資と副業

では投資はどうなのでしょうか? 東京証券所で上場している株式は、証券会社に口座があれば誰でも購入することができます。インカムゲインかキャピタルゲインかどちらかは分かりませんが株式を購入すると言う行為はリターンを得るという行為になると思います。

すなわち投資です。

 

株式の売買に関しては、投資と見る人が一般的でしょう。これを副業と言う人はいないでしょう。

ではアフィリエイトサイトに投資をした場合はどうだろうか?アフィリエイトサイトはドメイン自体がそもそも売買されている。これらを投資対象と考え取得したドメインを運用した場合は副業と捉えられるのだろうか?またアフィリエイトサイト自体をライターやデザイナーに発注して運用する事は副業に該当するのだろうか?

私としてはこれは立派な投資だと思う。 株式と同じで値が上がるか下がるか分からないものだからだ。

 

しかし人によってはこれらは投資と言えば投資になるし副業と言えば副業かもしれない。サイト運営していると言うこと自体が一般的には副業と認められる可能性が高いので、一般論で言うと副業になるだろう。

結局のところは、投資と副業の判断基準と言うのは極めてグレーゾーンであり判断する人の裁量がかなり大きな要素を占めているかもしれない。いや占めていると思う。

アフィリエイトは副業か?

さてアフィリエイト副業にあたるのでしょうか???まぁこれだけさんざん述べてる私としては、副業にはならないと思っています。しかし一般論で言うと副業になるでしょう。

例えばアフィリエイトを深夜まで行い翌日の本業業務に支障をきたすようであれば、副業と言わざるを得ないかもしれないでしょう。しかしプライベートの時間を第三者がどこまで把握できるかは微妙なところです。

「俺がっちり9時間寝たけどまだ眠いっす」

と言われたら、

「嘘つけお前!!」と思いますが確認する術はありません。

 

そもそも趣味でブログを書いていて副産物としてアフィリエイト収入がある。それを雑所得として申告していた。とすれば副業にはならないような気がします。

 

収入がある。それを雑所得として申告していた。とすれば副業にはならないような気がします。

 

どんなブログだ?

サイト見せろ!

と言われても拒否すればいいだけの話で、そこを追求し始める人はいるのでしょうか?少し疑問に思います。

 

ただまぁイメージと言うものが世の中では重要で、アフィリエイト=副業というイメージがついてる以上、やっぱり副業になるのでしょうね。

 

まとめて言えるのは本業(会社)以外の収入に関しては、バレないようにうまくやるというのが1番に思える今日この頃です。

 

 

 

 

 

-仕事
-, ,

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.