わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

旅行

高級ホテルでの休日

更新日:

どうもwayadabeです。

私はたまに休日が入ると大阪に行きます。大阪に用事がある訳ではないのですが、リラックスしに大阪や他の落ち着ける都市に移動します。

そういった意味では、大阪や神戸京都あたりは非常にリラックスできるラグジュアリーなホテルがあって大変便利な地域です。

 

関西田舎生活では、知り合いがいませんので休みの日は誰かとどこかに出かけるようなことはありません。私は個人的に誰かとつるまなくても一人で十分楽しい時間を過ごせます。

もちろん誰かといたら楽しいですが、少し疲れる部分もあります。どちらかというと一人の方が気が楽でリラックスできます。

 

休みの日は、主に普段できない仕事を処理しています。仕事と言っても好きでやっているので苦ではありません。

会社や組織での仕事はまた別の感覚です。

 

つまり、自宅で行う誰にも干渉されない仕事は

仕事=労働

とはなりません。

 

むしろゲーム感覚ですね。

楽しいです。

 

しかし、やはり私も人間、、、同じ環境でずーと仕事していたら少しマンネリします。

こういった時は、いつも環境を変えるようにしています。

 

基本、アフィリをはじめとするネットでできる仕事なので特定した地域に縛られません。

ノートPC1台でOKです。

 

自宅で仕事するのもいいですが、たまに環境を変えて仕事をするのもいいです。気のせいかもしれませんが、最初のうちはテンションが上がりますし、長時間の仕事も可能になります。

 

ただ毎回毎回、同じ場所だとマンネリ化するのでホテルも気分で変えています。

毎日同じ部屋で仕事をして誰けるのと一緒で、いくらホテルといえども同じ環境のホテルだとマンネリ化してしまいます。

 

ホテルは、いわゆるシティホテルを使用しています。無駄に広いのは無駄なのですが、環境を変えるために来ているので、そこは必要な軽打と割り切って広い部屋や高層階、ふかふかベットがある部屋、ラグジュアリーな部屋をいつも予約しています。

とにかく非現実の環境に身を置くことが重要だと私は思っています。

 

大阪では、以下のホテルが私のおすすめです。

コンラッド大阪

大阪マリオット都ホテル

スイスホテル南海大阪

リッツカールトン大阪

帝国ホテル大阪

→ インターコンチネンタル大阪

アートホテル大阪ベイタワー

 

どれもいいホテルなのですが、基本的に高いです。一泊2万円以上はかかります。インターコンチネンタルやリッツカールトン、マリオットは止まったことがないですが、かなり高いはずです。

 

そんな中でお勧めしたいのが、ベイエリアにあるアートホテル図大阪ベイタワーです。客階は23からで、基本的に高層階です。駅も弁天町直結で難波、梅田までアクセスも良いです。

最大のおすすめポイントは宿泊費が安い事です!

 

平日の安い日であれば6,000円で行けます!

私の感覚ですが20階も40階もそんなに変わりません。どちらも超静かです!すごいリラックスできます。20階以上だったら眺望も抜群です!

下手に梅田周辺の高層ビル群のホテルで高層階に泊まるよりは、ベイエリアのように何もないところの高層階に泊まった方が私はいいと思います。

 

受けられるサービスは、やはりインターコンチネンタルやマリオットなどには敵わないと思いますが、私の求めているコンセプトは図書館のように静かな空間です。いや図書館以上に静寂した空間です。

格安で、このような空間を手に入れち方は、大阪ベイタワーがおすすめです。

 

ちなみに駐車場も十分あり宿泊者は一泊1,000円でOKです!

 

ちなみに動画を撮影してみました!

-旅行
-,

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.