わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

節約

関電から楽天エナジーへ乗り換え?比較結果!

更新日:

どうもwayadabeです。

現在、関西電力を使用していますが楽天が提供している「まてちでんき」に切り替えようか検討中です。「まてちでんき」とは、楽天が代理店として扱っている電気の供給サービスです。供給元は丸紅が行っています。

楽天まちでんき

楽天まちでんき

 

現在クレジットカードの決済を楽天カードに切り替え中です。

どのクレジットカードを使用するかの基準は、付与されるポイントにあります。これまでは、YJカードでTポイントを貯めてましたが、色々検討した結果楽天ポイントがポイントサービスの中で私に一番あっていそうであるとの結論に到達しました。

効率的にポイントを貯めれそうだと思いこれまでのYJカードを使用してTポイント貯めていましたが、楽天スーパーポイントに徐々に集約中です。

 

それで、電気料金も楽天経済圏にしてしまえば、日々の生活費も更に安くなるのでは?と思っている今日このごろです。

基本的に集約できるものは全て、一極集中的に集約した方が効率よくポイントが溜まります。生活の基盤でもある電気代も楽天経済圏に切り替える事で、どれだけお得になるか比較してみたいと思います。

関電vs楽天エナジー

まず基本料金からです。

関電と楽天エナジーでは、基本料金の考え方が全然違います。以下、各社の料金プランを抜粋します。

 

<関西電力の従量電灯A>
最低料金(最初の15kWhまで) 1契約につき 373.73円
電力量料金 15kWh超過120kWhまで 1kWhにつき 22.83円
120kWh超過300kWhまで 1kWhにつき 29.26円
300kWh超過分 1kWhにつき 33.32円(1)

<楽天まちでんき スタンダードプラン>
定額料金(250kWhまで) 1契約につき 6,630.24円
電力量料金 250kWh超過分 1kWhにつき 26.90円 (2)

 

ん!チョット待てよ・・・・

オレの家は、従量電灯Aプランではない!オール電化なので「はぴeタイム」だ!

はぴeタイムのプランは少し契約内容が複雑です。以下、関電HPからの抜粋です。

 

基本料金 最初の10kWまで 1契約 2,160.00
10kWをこえる1kWにつき 1kW 388.80
電力量
料 金
デイタイム
(昼間時間)
夏季 1kWh 35.73
その他季 32.38
リビングタイム(生活時間) 24.16
ナイトタイム(夜間時間) 9.94

※単位円

ちょっと難しいので、良いイメージ図があります。以下。

はぴeタイム

はぴeタイム

 

簡単に言うと昼間の電気は高くて、夜の電気は安いということになります。

はぴeタイム→楽天エナジーの以降は可能か?

気になったので楽天エナジーに電話確認しました。

結果的には可能だそうです。

 

しかし、オール電化→楽天エナジーは基本的に高くなるケースがほとんどでおすすめできない。と説明を受けました。

楽天エナジーの人曰く、従量電灯Aプランを基本的に想定しいるそうで、従量電灯Aプランであれば安くなることが考えられます。しかしオール電化のプランは、関電で設定している夜間の電力単価が安いので結果的には関電の方が安くなると思われます。

といっていました。

 

このため「はぴeタイム」の試算は、基本的には行っていません。

との回答でした。

 

そういうことか・・・・

 

念のための試算

ココで食い下がっては悔しいので、いったい楽天エナジー

念のため、どれくらいの金額になるか電話の中で見積り依頼をしました。

 

私の過去使用実績を伝えました。

秋口350kwhで冬の最高値700kwhです。金額はそれぞれ、8,460円と15,365円です。

そうすると、「少しお待ち下さい。確認します」とのこと、

 

数分まち結果を効くと以下のような結果でした。

スタンダードプラン

350kwh:9,100円程度

700kwh:18,615円程度

プレミアムプラン

350kwh:10,343円程度

700kwh:17,945円程度

 

ちなみにプレミアムプランは、「小さな事務所や商店向け」となっていますが個人でも契約できるそうです。

結果とまとめ

まとめですが、関電のほうが安い!

プランにもよりますが、1,000~2,000円程度m関電のほうが安い結果になりました。

したがって「まちでんき」への乗り換えは見送ることになりました。

 

「まちでんきは」、電気を10kWh使用する毎に楽天スーパーポイントを1ポイント付与するというサービスを行っています。さらに楽天カードで決済すれば、決済額の1%がポイントとして付与されます。

私が楽天経済圏に集約したかった理由は、このカードポイントもそうですが実はもう一つあります。それは楽天のサービスを一定額クレジットカードで決済すると、楽天以外で使用したカード決済も1.5倍、2倍になるというキャンペーンです。

このキャンペーンは毎月行っています。毎月楽天のサービスを15,000円利用すれば、それ以外で使用したカード決済は1.5倍になります。例えば楽天で15,000円、その他で20,000円だとします。

本来は、20,000円に対して200ポイントしかつきませんがキャンペーンにエントリーすると300ポイントになります。

還元率としては、1.5%に上昇します。

さらに楽天サービスを40,000円になるとその倍率は、2倍になります。おそらくこのポイントに関しては、期間限定になるでしょう。

 

「まちでんき」に切り替えれれば、スタンダードに毎月8,000円くらい楽天で使用することになるので、足りない分はふるさと納税とかでカバーすればかなりのポイントを還元されていいな~と考えていたのですが・・・・

「まちでんき」が、お見送りになったので別の方法を考えないといけません。やっぱり楽天トラベル楽天ふるさと納税楽天ブロードバンド等の楽天経済圏サービスで対応していくしか無さそうです。

とくに楽天ふるさと納税は、一回の買い物で20,000~30,000円は普通に使うと思います。そういった時は、他の楽天以外で購入する買い物もまとめて置きたいものですね。

-節約
-, , , , , ,

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.