わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

自己アフィリ

クレジットカードの自己アフィリで稼ぐのは会社員のうちだけ?

更新日:

どうもwayadabeです。

最近、久しぶりにクレジットカードの自己アフィリを行いました。

A8.netで自己アフィリ

以下のキャプチャはA8netの管理画面です。

クレジットカード自己アフィリ

クレジットカード自己アフィリ

セブンカードプラスとエポスカードです。アフィリ報酬は、セブンカードプラスが7,550円とエポスカードが8,100円です。さらにセブンセブンカードプラスには2,000円分のnanacoポイントが付いてくるのとエポスカードには2,000円分のVJAギフトカードが入会特典として付いてきました。

収支はノーリスクで以下のようになりました。

 

名称 アフィリ報酬
セブンカードプラス 7,550円
nanaco 2,000円
エポスカード 8,100円
VJAギフトカード 2,000円
合計 19,650円

 

自己アフィリは、ちょこちょこ案件をチェックしてます。良さそうな案件があったら面倒くさいのですが確実に自己アフィリしてお小遣いはGETするようにしています。

コツコツやっていれば、年間にしたら十万円近くにはなるでしょう。

エポスカード入会特典

エポスカード入会特典

 

特にクレジットカード案件は、単価が高いのでおすすめです。クレジットカードは、常にという訳ではありませんが新しいカードが登場します。金融業界の合併や統合時に新しい会社が出来た気なんかは、ブランド名変更で新しいカードが良く出ます。

クレジットカードの自己アフィリは、過去に同じクレジットカードを作っていて解約後の再作成は対象外の場合がほとんどです。(楽天カードなんかはその代表です。)再作成は、ほとんど自己アフィリつかないと思います。

ですので過去に作ったカードを記憶して置かなければなりません。コレがまためんどくさい・・・・・

ですが自己アフィリにとってクレジットカード案件は切っても切り離せない存在であること間違いありません。

エポスカードは株主優待でもお得

エポスカードを作った理由はもう一つあります。丸井グループの株主優待(毎年3月末)でエポスポイントがもらえます。

丸井グループの優待は、100株で以下の優待が受けられます。

 

①買物券 (1枚:1,000円相当)
②Webクーポン:1,000円分
③エポスポイント(1,000ポイント:1,000円相当)

①と②はヤフオクで1,700円くらいで落札されます。

③は額面通りのギフトカードに変えられます。しかし③を受け取るには、エポスカードを持っている必要があります。

 

その為に今回エポスカードを作りました。

クレジットカードの審査

さてそんなクレジットカード案件ですが、クレジットカードを作成するには審査があると言われています。その審査ですが、無職よりは当然ですが仕事を持っている方が審査に有利です。

派遣社員でも無職よりはマシでしょう。

審査には様々な項目がありそれをスコアにして判断していると言われています。以下、代表的な項目

 

  • 職業
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収
  • 借入額
  • 住居年数

まだまだたくさんの項目がありでしょう。それらに点数をつけて一定基準を超えるか超えないかで第1段階の判断としているとおもいます。その中でも大きなウエイトを占めるのが職業でしょう!

私は、黙っていれば将来的に定年退職で無職になります。できればその前に退職したいと思っています。よく聞くのが「会社員のうちにクレジットカードを作っておいた方がいい!」です。

 

これはたとえ無職でも会社員時代に一回カードを作ってしまえば、次回更新の時に返済実績があれば更新し易いからだと思います。と言うか住所が変わっていなければ更新前に連絡があり、自動的に継続で送られてきます。

カードは持っていて損する事はないですし便利なので、できれば無職でも1~2枚は持っておきたいところです。

在籍確認って本当にしてる?

そこで一つ疑問に思うのですが、これまで私は数多くのクレジットカードを作ってきました。

もちろん自己アフィリ目的でです。

 

ですが、クレジットカードの審査において職場に在籍確認の電話が来たことがありません。ここ7~8年ですが、一回もありません。

本当に在籍確認ってしているのでしょうか?

 

私は、して無いのではと思っています。

つまり、申告した内容をそのまま判断材料にしてスコアリングしているのではないでしょうか?

正確に言うと、全くの新規の方や過去にCIC等で信用に傷がついている方に対してだけ行っているのではないでしょうか?web上の情報をまとめると、クレジットカードの審査において職場に電話がかかってきたという人は少なからずいます。

しかし圧倒的多数は、在籍確認がないというものです。

 

上記の内容はあくまでも私の仮説ですが、全てに在籍確認をするとコストが高くなるのであえてしないような気もします。

 

私の場合ですと、一度もありません。でもそうしたら、仮に私が明日退職して無職になり偽りの申請でクレジットカードを作った時どうなるのでしょうか?(そんな悪いことはしませんが)無職なのに前の職場の情報を申請したら信用してしまうのではないでしょうか???

ふと疑問に残ります。

 

まあ、それでも会社員であるうちはクレジットの自己アフィリはキッチリやっていきたいと思います。会社員である以上、偽りなく申告することが出来ます。そもそも、この自己アフィリという仕組みもどうかと思うのですが・・・・

広告を出す企業もそれを分かってやっているので、まあいいのかなと。思います。

メリットがなければ、広告を出すカード会社も出向をやめればいいわけですし、依然として自己アフィリ案件が出ているところを見るとそれなりのメリットが有るのかもしれません。とにかく仕組みとして、自己アフィリがある以上はそれを利用したいと思う今日このごろです。

確実に在籍確認する会社

それは、消費者金融です。

アコム、アイフル、レイク、プロミス等・・・・

 

これらは確実に在籍確認してきます。私も過去に高額のアフィリ報酬に目がくらみ消費者金融で自己アフィリしたことがあります。当時は、過払い請求が流行る前でしたので本当に単価が高かったです。

一件、「カード発行+借り入れ」で、

報酬4万円とかが結構ありました。

 

私は、条件を満たすために1万円借りて、10日後とかに僅かな利子をお支払して返すのですが、、、、

コレで条件は満たされます。

4万円です。

 

しかし当時の金融業界は、そんな小物相手にしなくても4万円の広告費を払えば全体的に利益が上がる構造になっていたのでしょう。懐かしい時代です。

 

そんな思い出話はどうでもいいのですが、当時消費者金融でカードを発行した時は必ずと言っていいほど在籍確認の電話がかかってきました。100%の確立でです。おそらくコレは今も変わらないでしょう。

在籍確認しないと飛ぶ人が多いということなのかもしれません。

多少コストをかけてでも在籍確認した方が確実に回収できて利益に結びつけられると言う事なのかもしれません。

-自己アフィリ
-, ,

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.