わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

生活 節約

格安SIMを契約しました=ビッグローブで月額700円!どうなる今後の携帯料金!

投稿日:

どうもwayadabeです。

結構悩んだ末に格安SIMを契約しました。

格安SIM契約

ビッグローブ格安SIM

ビッグローブ格安SIM

ビッグローブの格安SIMです。

契約した内容は、通信料3Gで繰り越しありの通話付きのSIMです。

一年契約で月額平均700円くらいです。

詳しくはこちらに、詳細を書いていますのでご確認ください。

 

一年契約すると解除料金が発生しないので一年後に解約予定です。

解約というかMNPで乗り換える予定です。

できれば、iphoneⅩあたりを一括0円で出来ればいいなと思っています。

 

格安SIMは非常に早く手元に到着しました。

ビッグローブかなり優秀ですね。

申し込みから3日くらいで自宅にSIMカードが到着しました。

ビッグローブ格安SIM

ビッグローブ格安SIM

こんな感じですね。

 

格安SIMの契約は二回目なので、「はいはい、これね!」という感じでした。

設定に関してですが、基本的に説明書が入っているので迷うことはないと思います。

よく格安SIMは、サポートが手薄から・・・

と言われる事がありますが、そもそもサポートなんてものはないです。

 

手薄い→サポートなし

が正しい解釈だと思います。

 

申込み後、SIMと説明書と契約書類が送られてくるだけですからね。

 

ただ、ググれば情報はいくらでも出てきます。

結局は、サポートよりもググった方が問題解決までのプロセスは早いと思います。

 

ただし、一方でどういったキーワードで調べたらいいのか?そもそも何がわからないのか?名にお調べていいのかすらわからない!

こういった方は、格安SIMは無理でしょうね。。。。

代表的なのが、私の親です。

 

親はこの手の事に関しては無知です。だから私が契約してすべて設定したのをそのまま渡しました。

どういった契約なのか、どう設定したのかは知りません。

唯わかるのは通信量が3Gだということ。

それ以上使うと速度が遅くなることです。

こういった人は身近に知っている人からすべて設定してもらい使用するのがいいでしょう。

 

車の運転と一緒で原理や構造を覚える人はあまり居ないと思います。最低限アクセル、ブレーキ、ハンドルなどの基本操作さえ覚えれば運転できます。事故だけ起こさないように安全運転してれば良いように思えます。

 

菅官房長官の4割発言

しかしここにきて菅官房長官が携帯電話の価格は、2018年8月に「4割下げられる余地がある」と発言してメディアの注目を集めました。その後、2018年10月から総務省の有識者会議にて携帯料金の値下げに向けた議論が始まったのはメディアで流れている情報のとおりです。

これに対してNTTドコモは、10月末に携帯料金を2~4割削減し1年間の顧客還元額は最大4000億円なると発表しました。これで一気に現実味が帯びてきました。それから数日後、今度はKDDIが楽天とローミングパートナーとして提携すると発表しました。

携帯電話の価格に関しては、楽天がキーになってくると思います。その楽天は、月額約4,000円程度で提供することを検討しているようです。ドコモは、その対抗策として策を講じてきたのかもしれませんね。

ドコモの料金2割〜4割値下げは、2019年の4月〜6月頃を予定しているようです。おそらくこの時期に向かって、KDDI、SB共に価格競争を繰り広げるのではないでしょうか?

 

そんな状況下で今度は、SBが2019年3月期第2四半期の決算説明会でソフトバンクの人員を4割削減することを明らかにしました。youtubeに動画がありましたので掲載しておきます。

なんか始まったな!って感じがします。

 

動きはこれでは収まらないと思いますので、今後の発表が楽しみになってきました。菅官房長官の発言だと値下げ時期に関しては、「楽天が第4キャリアとして参入する2019年10月」が導入時期とのコメントを残しています。

今の流れだと何だか前倒しも有り得そうな気もします。

俺の今後の予定

携帯電話業界は、今まさに変革期を迎えていると行っても良いかもしれません。

それだけに常にアンテナをアンテナを張って起きたいと思います。

 

まず第一に、今回契約したビッグーローブの契約は2019年10月までを予定しています。その時期に楽天が第4キャリアとして参入済の状態になっている予定です。

この時期に、楽天を主軸にMNPしようと思っています。まあ、KDDIでもSBでも良いのですが、楽天は楽天経済圏を持っているので何らかの付加価値を与えてくれると思います。いや信じてます!

たぶんSPUの倍率を上げてくるのではないかと!勝手に予想しています。

そうなると楽天ふるさと納税を行っている私としては、非常に魅力的になってきます。その場合は、楽天をMNPの第一候補として考えています。あとは、KDDIとSBのキャッシュバックがどこまでいい感じになっているかですね。

嗚呼、復活してくれよ!「神様、仏様、AU様!」

 

次に現在契約のSBですがこれは、2020年3月まで契約予定です。現在、月額700円くらいで利用できているので継続して使用したいと思います。このSB携帯ですが、実はプチ特典が付いています。yahooプレミアム会員の月額料が0円になるのです。

この特典は維持したいので、できれば2020年3月にプラン変更でなんとか1,000円以内に出来ないかなと考えています。これは、その時が近づいたらどんなプランが出来るのか確認した上で決めたいと思います。

 

最後に現在MVNOで契約している楽天モバイルですが、これは2019年10月まで様子見とします。今現在私が使っている訳ではないので、プラン料金が大きく変わらない限り継続です。もはや親も、スマホがないと無理な生活になっているはずです。このためスマホを取り上げるというのは、流石にできないので現状のまま維持しようと思います。

しかし、2019年楽天の参入時にMVNO楽天→キャリア楽天への移行で何らかの何らかの特典があれば考えたいと思います。とりあえず現状では継続維持です。

 

とりあえずこんな漢字でアンテナ張って注視していこうと思っています。

-生活, 節約
-, , , , , ,

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.