わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

経済

副業を認めない企業

投稿日:

どうもwayadabeです。

最近はすっかり寒くなってきました。もう完全に夏が終わり、秋に入ったと判断しても良いかもしれません。

 

先日ヤフトピに企業の4分の3が過重労働を懸念して認めないという記事がありました。

政府が推進する会社員の副業や兼業について、4分の3以上の企業で認める予定がないことが、厚生労働省所管の独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査で明らかになった。

認めない企業の82.7%が「過重労働で本業に支障を来す」と答えた。企業の抵抗感が依然として根強い様子がうかがわれる。

調査では75.8%の企業が副業・兼業の許可について「予定なし」と回答。「許可している」は11.2%、「許可を検討している」が8.4%だった。許可しない理由では過重労働のほか、「労働時間の管理・把握が困難」が45.3%と、複数の職場を掛け持ちする中での実務上の問題を挙げた。

労働者に対する調査では、副業・兼業を「新しく始めたい」との答えが23.2%、「機会・時間を増やしたい」が13.8%。一方、「するつもりはない」は56.1%だった。

副業をしたい理由では「収入を増やしたい」が85.1%でトップ。逆にしたくない理由は「過重労働で本業に支障を来す」が61.6%、「家族や友人と過ごす時間を重視する」が56.5%で上位を占めた。

調査は2~3月に実施し、全国の従業員100人以上の企業2260社、労働者1万2355人から回答を得た。政府は1月にガイドラインやモデルとなる就業規則を策定し、原則として副業や兼業を認めるよう企業に求めている。

ここまで。(時事通信の記事)

 

まだまだ副業というのは一般的なものではないのですね。

 

持論ですが自分の時間をどの様に使用するかについて、企業は干渉するべきではないと思っています。たしかに業務に支障をきたす深夜のバイトなどは、本業が疎かになってしまうので分かりますが、、、、

今の時代、時間を拘束しない労働やネットでの仕事もあります。これらを一色単に考えるのは無理があると思います。

 

軽作業の仕事やブロガー、アフィリエイト、youtuberのような仕事がある以上、結局、個人がどの様にコントロールするかで本業への影響度が決まってきます。要するに両立は可能だと思います。

副業は収入アップ意外にも個人のスキルを上げたり、人脈が出来たりして個人にとってはメリットのほうが多いような気がします。また、税収もあが得れば国としても良い訳で・・・・ぜひ政府には、柔軟な働き方改革を強力に推し進めてほしいものです。

 

企業は年功序列から脱却して成果主義と言う名の賃金体系を導入しはじめて数十年となります。もちろんすべての企業ではないですが、年功序列はかなり崩壊してきていると思います。そして、これからも成果主義において個人の実績のみを評価する仕組みが続くでしょう。

それなのに企業は、こういう時だけ「本業に支障をきたす」などと言い始めます。

あ~あ、やだやだ!

 

マジで従業員を大事にしてきた企業ならば、副業しても本業をキッチリ仕事してくれるでしょうし人材の流出は無いと思います。企業に所属しながらでも出来る人は、ガンガンやって良いように思えます。もうそんな時代になってるのですから。

-経済
-

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.