わやだべブログ~投資、株主優待、節約、旅行記録等のまとめ~

わやだべ

ソーシャルレンディング

テイクオーバーホールディングスは和解を狙ってる???

更新日:

どうもwayadabeです。

このブログの趣旨がお金なので、この話題にも触れないといけません。

そうです!

ソーシャルレンディングサービスです!!!!

 

ところでソーシャルレンディングという言葉を聞いたことがありますか?いわゆるクラウドファンディングなんですが、資金を拠出するだけではなくリターンをえられるのが特徴のクラウドファンニングになります。

投資した金額は一定の期間を経て償還されます。短いもので2~3月、長いもので24ヶ月という案件もあります。金利に関しては、業者によってまちまちですが低いところで5%、高いところで12%にものぼります。

私は、このような投資を2015年から行なっております。ソーシャルレンディング事業会社も当初は、SBIソーシャルレンディング、maneo、クラウドバンクと言う会社だけでしたが、2016年あたりから徐々に業者数が拡大してます。いまでは、数十社以上がソーシャルレンディングサービスを提供している状態になっています。

2018年、現在では数十社ほどに拡大しております。

 

これも時代の流れなのかな???

と思いつつ、金利も魅力だったため2015年より適時投資を行ってきました。現在では300万円ほど投資を行い年利で7%~8%で運用を行っています。ざっくりと申し上げると税引前で年間で22万円程度の配当金が収益として上がっています。

 

当初の私は、

おお

 

これはいい投資先だ!

不動産投資よりは良いのではないか????

と思っていました。今でも思っています。

 

そして今後も投資金額を増額させようと思ってたところですが、昨年投資先の一つである「みんなのクレジッ」という会社が金融庁から業務停止命令をくらいました。

こういった韓国は、みんなのクレジットが初体験ではなく、クラウドバンクでも投資中に経験しました。ただしみんなのクレジットは、いわゆる雰囲気が怪しい会社だたので、直感で思いました。

「嗚呼、戻ってこないだろうな・・・・・」

と、

 

投資した金額は、おそらく償還されない・・・

最悪デフォルトになる可能性も十分にあるだろう・・・・

そう覚悟を決めました。

 

しかし一方で最後は何とかなるんじゃないか?

と言う淡い期待を思ひつ経過を見てきたこの一年です。

結論ですが、

何とかなりませんでした。笑

 

いや、笑ってる場合じゃないんですが・・・・

笑いたくなってしまいます。

 

結果、デフォルトにはならないものの債権回収業者(サービサー)に二束三文で売却され投資した金額の数パーセントしか返金されませんでした。(実際に返金されました。)

これを機にソーシャルレンディングも卒業かなと思いつつ残りの200万円をどうしようかと検討していました。

 

そんな時、みんなのクレジットの投資先であるテイクオーバーホールディングス(旧ブルーウォールジャパン)調整お見舞い金の連絡があることを Twitter で知りました。

うわ!

 

まじか投資した金額全部返ってくるんだったら、プラスにはならなかったけど、結果オーライじゃん!と思いましたがこの背景には、いささか裏がありそうです。ツイッターを中心としたネットには、既に噂になっています。

 

まとめるとテイクオーバーホールディングスの代表である白石代表が、刑事責任を恐れて先手を打ったのではないかと言われてます。しかもテイクオーバーホールディングス、がお見舞金と称する金額についてもかなり不透明です。

まずどのようにして、損失額を把握するのか?まったくもって理解できません。

テイクオーバーホールディングスとみんなのクレジットは、もはや別会社です。みんなのクレジットが、顧客の情報を提供することはないでしょう。と言うか、そんなことしないでしょう!

 

みんなのクレジット自体がホームページ場で、テイクオーバーホールディングスと無関係であるとの趣旨の声明を出していることから、表面上は別会社と考えて良いでしょう(裏で繋がってるかもしれませんが。。。。)

別会社で無関係であったとしても自分のお金が戻って来るのであれば歓迎ですが、このお見舞い調整記入やはり裏がありそうな気がします。

 

そもそも、みんなのクレジットとテイクオーバーホールディングスの間の中では、調停が行われてました。

しかもその調停の中で返金は、相当年数でした。

たしか6年。

 

しかも最初の一年は、2パーセントの返金しかできないという調停内容であり、交渉は決裂した経緯があるそうです。

 

そもそも言っとくけど、テイクオーバーホールディングスって本当にお金あるの???????????

てのが私の疑問です。

 

たぶんないから調停で同意できなかったんでしょう?

 

だとしたらその原資は、どうやってどこの誰がどうやって出すの??

そんな疑問がふつふつと湧いてきました。

 

ただ私自身は、裁判を起こすつもりもないですし、少しでも還元できればいいかなと思いました。

もともと捨てたと思ったお金なので・・・・

 

新しい投資スタイルであるソーシャルレンディングで少し失敗した、、、、程度にしか持ってません。

もちろん投資金額が帰って来ればこの上ないことですが、投資の世界の中ではよくあることのように思います。

むしろこの事態に、時間を割くよりも新しいことに時間を費やした方がリターンが大きいと自分の中では思ってます。

結局、返金される金額がいくらになるか分かりませんが、その金額を酔っ払って1日で使う日ある訳です ・・・・・

私の場合・・・・・・

だとしたら

みんなのクレジット からお金を取り返すよりも、 自分の行動を変えた方がよっぽど自分のためになると、、、

私は、最終的にそう思います。

 

投資金額が帰ってくるに越したことはないですが、まずは自分の生活スタイル、お酒との向き合い方、価値観とお金の使い方について改めて再考したいなと思います。それとソーシャルレンディングに関しては、maneo、ラッキーバンク、ラストレンディング、クラウドバンクで投資を行ってます。

 

今後、規模は縮小すると思います。しかし、少額でも継続的に投資したいなと思ってます。投資利回りとしては6%から7%ぐらいが、ソーシャルレンディングの適切な利回りだと思います。

みんなのクレジットは、12パーセントとかありましたので明らかに異常でした。そういった意味を考えるとクラウドバンクとか maneo が一番まともに思えてきます。トラストレンディングとラッキーバンクは、かなり小回りなので今後の注意が必要かもしれないです。

 

注意と言っても、私は投資してしまってるので、償還するまで何もできないのですが・・・・・・・・・・とあとりあえずソーシャルレンディングに関しては、今年いっぱいで少し控えめに行きたいと思います。

-ソーシャルレンディング
-, , , , ,

Copyright© わやだべ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.